WHO WE ARE

一般社団法人サイエンティフィックアロマセラピー協会

PURPOSE

当協会は、精油に関する正確な科学的知識を広め、科学的根拠に基づくアロマセラピーを
普及することにより、健康や福祉などの分野を中心に、人々のより豊かな生活に寄与すること
を目的とし設立致します。

協会設立の目的

OUTLINE

私たちは当協会設立の目的を達成するため、次の事業を推進して参ります。

1

精油及びアロマセラピーに関する科学的な実験、研究、調査、資料等の収集

2

精油及びアロマセラピーに関する研究会、講演会、ワークショップ、セミナー等の開催

3

精油及びアロマセラピーに関する研究の奨励及び研究実績の表彰

4

精油を中心とした植物抽出物の機器分析と品質審査、認定証の発行及び認定マークの付与

5

精油及びアロマセラピーの普及・発展のための科学的な根拠に基づく教育、資格の認定、人材の育成、講師の派遣、教材の監修

6

機関紙、ニュースレター、学術図書等の発行その他精油及びアロマセラピーの普及・発展のための情報発信

7

精油及びアロマセラピーに関する海外の関連事業者、関連学術団体、関連教育機関等との交流、連携、協力関係の構築

8

行政、医療機関、介護施設等に対する精油及びアロマセラピー関連のサービス提供その他の福祉及び社会貢献に関する事業

9

会員相互の親睦を目的とした事業

10

その他前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業

GREETING

永井 克也 代表理事

永井 克也代表理事

KATSUYA NAGAI, M.D & Ph.D.

ピュアな精油の香りによる心と身体への
真に科学的な効果を探求して行きたい

私がアロマセラピーの研究に従事し、精油に興味を持ち出したのは様々な方々との出会いの賜物です。糖代謝調節に自律神経が関与することを示唆する結果を大学院時代に得たことと、米国留学中にイヌの脳内に糖利用阻害剤〔2-deoxy-D-glucose(2DG)〕を投与した時に生じる脳内低血糖状態を克服するために血中のインスリン濃度の上昇を抑制し、グルカゴン濃度を上昇させて起こる高血糖反応には自律神経が関与することを示す結果を得たこととを契機として、血糖調節における自律神経の関与を証明したいと思っていました。当時、自律神経活動の測定法を開発された新潟大学医学部教授(後、新潟大学名誉教授)新島旭先生は全国の医学部からの依頼で大変お忙しい研究生活を送っておられましたが、たまたま私が赴任していた愛媛大学医学部に講義に来られた際にお願いして、2DGを脳内投与した際の副腎、肝臓と膵臓を神経支配する自律神経変化を測定して頂くことが出来ました、その結果想像通り、2DGの脳内投与はこれらの臓器を支配する交感神経を促進して、副交感神経を抑制することを証明することが出来ました。それ以来、親しくして頂いていた新島先生から「グレープフルーツ精油と真正ラベンダー精油の香りによる匂い刺激はラットの自律神経活動を変化させますよ、一緒に研究しませんか?」とお誘いを受けて、自律神経活動の変化に伴ってこれらの精油の香り刺激が引き起す生理機能変化を引き起すことを証明しました。これを契機として、私は偽薬(プラセボー)効果だと思っていた精油の効果が現実に起こることを信じるようになりました。

代表理事ごあいさつ

2006年大学を定年退職して始めた企業活動でも新島先生との共同研究は続けておりましたが、2011年ベルギーの学会に講演のために招待されたことを契機としてフランスのブルゴーニュの中心都市Dijonにある国立味と匂い研究所を訪ねました。その折、ボーヌ村の葡萄畑を訪れて出会ったフランスの植物療法の入門書が植物の美しい色彩の写真とその効果の記載を見て、その本を翻訳したくなり、その著者がレンヌ大学教授ということで、レンヌ大学本部にメールを出して問い合わせました。その結果、その教授は既に退官しておられていたのですが、その方の弟子に当たる薬学部のロイク・ビュロウ教授を紹介して頂きました。その当時から日本に入って来ている精油の純度には疑いがあったので、同教授にピュアな精油を販売してくれる人を紹介して欲しいとお頼みした所、精油について知識が深くピュアな精油を販売する会社、Laboratoire Rosier Davenneの設立者であるドミニク・ダヴェンヌ氏を紹介して頂きました。ドミニクはフランスでのアロマセラピーや美容関係では有名な精油の専門家であり、薬草薬局での精油の処方の指導やフランスの化粧品会社であるロレアル、クリスチャンディオールなどのコンサルタントも務めていました。このお二人にお会いしたのは2013年でしたが、このお二人に日本のアロマセラピーを科学的なものにしたいと申し上げたところ、このお二人もフランスで同じことをしたいということでした。更に、フランスで国家資格を授与するアロマセラピー・コースが2014年9月からレンヌ大学を始めとするフランスの3つの大学で開設されましたが、このお二人はレンヌ大学薬学部でのこのコースの中心的な存在として主任講師を務めておられます。その間、近畿大学農学部で精油のガスクロマトグラフ-質量分析装置(GC-MS)を用いる分析を行っておられた富研一先生にも出会い、富先生の精油に関する研究にも大いに感銘を受けましたが、特に輸入される精油の多くに偽和(混ぜもの)があることを嘆いておられました。また、私が大学在職中から講演に出かけていたフレグレンスジャーナル社のセミナーで専門的なことを質問されて来たベンゼル智子先生からは主催される日本ホリスティックケア研究所での講義もずっと依頼されており、その後も私の研究に興味を持って頂いておりましたが科学的アロマセラピーの推進にも志を持っておられることを知り、同志として同じ思いを抱いておられることを知りました。また、富先生からはアニマルアロマセラピー協会副会長の田邉和子先生を、ドミニク・ダヴェンヌ氏からは香寺ハーブガーデンの福岡譲一社長を、それぞれ紹介されて、同じ志を持っておられることを知り、今般、一般社団法人サイエンティフィックアロマセラピー協会を設立することに至りました。

このように、大学定年前後に小生が出会った方々と、科学的な証拠の基にピュアな精油を使った正しいアロマセラピーを確立することを目指して設立したこの協会はその使命を果たして行きたいと考えております。したがって、同じ志を持たれてアロマセラピーを志向される方々には奮ってこの協会に加入して頂き、活発に活動して頂くことを願って本協会設立のご挨拶に代えさせて頂きたいと存じます。

PROFILE

経歴

1967年

大阪大学医学部 卒業(1968年医師免許)

1972年

大阪大学大学院医学研究科博士課程 修了(医学博士)
〜愛媛大学医学部助教授、大阪大学蛋白質研究所助教授を経て

1995年

大阪大学蛋白質研究所教授

2000年〜2004年

大阪大学蛋白質研究所所長

2006年

大阪大学定年退職(大阪大学名誉教授)

2007年〜

株式会社ANBASを設立(代表取締役社長)
現在に至る

海外留学

1974年〜1976年

米国シカゴ大学博士研究員(主任、L.A. Frohman教授)

所属中もしくは過去に所属した学会

  • 日本生化学会
  • 日本肥満学会(名誉会員)
  • 日本神経科学協会
  • 国際医科学研究会(理事)
  • 北米神経科学会
  • 国際時間生物学会(理事)

専門

生化学、神経科学、時間生物学、肥満学(第25回肥満学会会長)
体内時計と自律神経による代謝調節に関する研究に従事し、体内時計である脳・視床下部・視交叉上核が自律神経調節、ひいては生理機能に重要な役割を果たすことを明らかにして来た。また、精油の香りが自律神経制御を介して生理機能に影響を与えることを明らかにした。

主な著書

  • 「脳と生物時計:からだのリズムのメカニズム」ブレイン/サイエンスシリーズ第5巻(共著、共立出版)
  • 「自律神経による生体制御とその利用」化学と生物 Vol. 51, No. 3, 2013

発表論文タイトル(一部抜粋)

  • 「匂い刺激によるダイエット効果―匂い成分による自律神経系への影響」
  • 「食欲を調節する香り:その生理的メカニズム」
  • 「体内時計、自律神経系とエネルギー代謝」
  • 「肥満症治療薬の使い方と考え方―日常臨床へ向けてー」
  • 「匂い刺激のエネルギー代謝に対する影響とその機構―グレープフルーツとラベンダーの芳香の効果」
  • 「体内時計と体内恒常性」
  • 「カラーヘッドライン:匂い刺激の自律神経制御を介したエネル ギー代謝への影響」
  • 「LC1乳酸菌の自律神経を介する血圧低下作用」
  • 「自律神経活動測定によるアロマ製品、健康食品および薬剤の開発技術[1]I 原理編「身体の恒常性維持に重要な役割を果たす自律神経の活動は生体機能変化の指標となる」
  • 「自律神経活動測定によるアロマ製品、健康食品および薬剤の開発技術[2]II 応用編(1)匂い刺激の自律神経と身体機能に与える影響:アロマ製品開発への応用」
  • 「自律神経活動測定によるアロマ製品、健康食品および薬剤の開発技術[3]II 応用編(2)食品や薬剤の自律神経と身体機能に与える影響:健康食品と薬剤開発への応用」
  • 「自律神経活動測定によるアロマ製品、健康食品および薬剤の開発技術[4]II 応用編(2)—②食品や薬剤の自律神経と身体機能に与える影響:健康食品と薬剤開発への応用」
  • 「嗅覚刺激の自律神経と生理機能に与える影響」
  • 「香りと自律神経」  他多数

OFFICERS

富 研 一 理事

富 研一理事KENICHI TOMI

博士(農学)

経歴

2012年

京都大学大学院農学研究科博士後期課程 修了
近畿大学農学部 助教

2017年

稲畑香料株式会社研究開発部

著書・出版物・メディア出演等

  • 「アロマセラピーサイエンス」翻訳 フレグランスジャーナル社 2011年
  • 「よみがえれ! 大和橘~絶滅の危機から再生へ〜」共著 あをによし文庫 2018年
  • 「ホンマでっか!?TV」(植物の香り評論家)
  • 「月刊 やさい通信」  ほか
ベンゼル 智子 理事

ベンゼル 智子理事TOMOKO BENDZEL

按摩マッサージ指圧師

日本ホリスティックケア研究所代表

IFA認定アロマセラピスト

経歴

1995年

渡英。
IFA(国際アロマセラピスト連盟)創設者ジャーメイン.リッチ氏と出会い、帰国後、東京にIFA認定校開校。

1997年

英国でBristol Cancer Help Centerの「ブリストル方式」といわれる「がん患者の補完代替療法」を学ぶ。

1998年

「アロマセラピーケアグループ」発足。医療福祉施設にアロママッサージ活動開始。(現在に至る)

1998年より約6年間

社会福祉法人 信愛病院(東京都清瀬市)で緩和ケア病棟や一般病棟、介護療養型病棟などで患者様にアロママッサージの施術を行う。

2004年

東京・四谷に「アロマサロン ホリスケア」開院。病気をもつ患者さんも安心して受けていただけるアロママッサージの施術をしている。(現在に至る)

現在

アロマセラピストの後進育成、サロンでのアロママッサージの施術、アロマセラピーケアグループ特別養護老人ホーム「信愛の園」などでアロマボランティア活動を実践中。

専門

がん患者へのアロママッサージ、肩こりや眼精疲労などによる頸肩腕症候群のアロマを用いたマッサージ治療。

甲能 純子 理事

甲能 純子理事AYAKO KONO

歯科医師・歯学博士

日本アニマルセラピー協会講師

国立科学博物館地学研究部生命進化史研究グループ協力研究員

経歴

1998年

北海道大学大学院歯学研究科博士課程終了(歯学博士)
日本大学松戸歯学部第二解剖学教室助手
所沢准看護学校講師(解剖・組織発生)

1999年

同大学を退職し,国立科学博物館動物研究部の特別研究生となる.

1999-2000年

古生物学者の夫と共に米国スミソニアン国立自然史博物館古生物研究部の客員研究員となる.
その後,イギリス・ドイツ・フランス・スイス・ベルギー・オランダに滞在し,博物館・大学等で研究補助を行った.

2001年

北海道大学獣医学部野生動物生態学講座の客員研究員となる.

2002年

離職(育児,交通事故とその後のリハビリ.交通事故の後遺症で5年間の嗅覚脱失.その体験から嗅覚が心身に及ぼす影響に興味を持つ)
日本アニマルアロマセラピー協会会長である田邊興記・和子夫妻に出会い,本格的に学ぶ.

2013年

日本アニマルアロマセラピー協会講師

2014年

国立科学博物館地学研究部生命進化史研究グループの協力研究員となる.
(日本産の更新世大型食肉類(オオカミやヒグマなど)の集団間関係や地理学的分散,集団の固有化について,絶対年代測定法により生息時期を決定して経時的な形態学的比較を行い,DNA分析も併せ行うことで解明しようとしている)

ヒナ歯科&ケアクリニックにて週2日の診察と研究活動の協力を得ながら研究を続け,現在に至る

著書・出版物・メディア出演等

  • シンポジウム 1998年歯科基礎医学会にて,キタオットセイ(Callorhinus ursinus)の一生歯性の歯に関する立体構築学的研究.
  • シンポジウム 〜比較解剖学からみた歯の話〜.についての招待講演を行う.
  • 新聞掲載 2017年1月に共同通信の取材を受け,全国の多数地方紙に掲載(ニホンオオカミは亜種か,固有種か)
  • テレビ放映 2021年9月に本州の化石ヒグマ(絶滅集団)について山梨テレビのYBS wide newsにて放映(かつて本州に巨大クマが生息)

所属学会

  • 日本哺乳類学会
  • 日本進化学会
  • 日本野生動物医学会
  • 日本実験動物代替法学会
福岡 讓一 監事

福岡 讓一監事JOICHI FUKUOKA

株式会社香寺ハーブ・ガーデン 代表取締役社長

有限会社ビック・ワールド 代表取締役社長

株式会社山之内楽農倶楽部 代表取締役社長

経歴

1983年

世界のハーブを育て研究を始め洋行を繰り返す

1984年

日本各地のハーブによる村おこしに協力

1985年

ハーブを媒体として「自然と人」「人と人」との関わりを考えたハーブガーデンを姫路市香寺町につくる
京阪神のホテル、レストラン等との交流を深めていく

1991年

神戸市布引ハーブ園開園の監修にあたる
ホテルニューオータニ大阪、神戸ポートピアホテル等のサロンを担当

1995年

ニュージーランドのセント マーチェンス ゼラニウムナースリーと姉妹ガーデンの提携を結ぶ

1996年

創造的中小企業技術開発認定(中小企業庁)
植物のもつ色素・香り・機能性や植物の共生の勉強を始める

2000年

読売新聞やPHPにハーブの記事を連載する

2001年

株式会社 香寺ハーブ・ガーデン設立
大阪大学、関西大学、兵庫県等と共同でハーブやバイオの研究を始める

2003年

野菜より抽出した「ペプチド」の研究を行う
有限会社 ビック・ワールド設立(関西大学との共同ベンチャー)

2007年

野菜とハーブを通して新しい予防医薬の研究

2008年

経産省 地域資源活用新事業展開支援事業認定

2012年

夢前工場設置

2013年

農水省 6次産業総合推進事業認定

2015年

文部科学大臣賞受賞(科学技術賞開発部門

2016年

株式会社 山之内楽農倶楽部設立

2017年

経産省 地域未来牽引企業認定

著書・出版物・メディア出演等

  • 「ハーブ・レッスン」出版著書・監修 1998年
  • テレビ「おはよう朝日」NHK等多数出演
  • ラジオKISS FM等出演
ドミニク・ダヴェンヌ 学術顧問

ドミニク・ダヴェンヌ学術顧問DOMINIQUE DAVENNE

フランス レンヌ大学 薬学部アロマテラピーコース 主任講師

大学

  • フランスのバカロレア(1967年大学入学資格試験合格)
    カーン(Caen)大学医学部に入学し、1970年に6年制の内3年在籍
  • ル・アーブルとモンペリエ大学で教師(パートタイム)を勤める
  • マルセーユ大学とモンペリエ大学で教師(パートタイム)を勤める
  • マルセーユ大学薬学部での教員資格取得のための論文作成
  • レンヌ大学薬学部:アロマセラピーの国家資格としての公式免許を授与する
    アロマセラピー・コースの講座の主任講師(特に精油の知識に関して)

職業

  • 11年間の製薬会社での勤務(セールスマネージメント)
  • 5年間の私立薬局での勤務

1994年

Laboratoire Davenne SA (ダヴェンヌ研究所株式会社)を創設

1996年〜1997年

Anjou地方の重要な蒸留所の統括議長

2000年〜2002年

Robertet社(グラースにある有名な化粧品原料製造会社)の精油の生物活性に関するコンサルタント

2004年

Henry Rosier氏と共に会社をLaboratoire Rosier Davenne 株式会社に変更

以下の国際学会で数多くの口頭発表

  • Personal Care Ingredients Europe Paris;ISEO International Scientific Essential Oils(国際科学的精油学会)【開催地 メッシナ、グラース (2回)】、PCAR Moscou、Archimex、Euroforum、French society of anti-oxydants(フランス抗酸化協会)、Post university training Faculty of medicine and pharmacy of Paris(パリ大学医学部と薬学部の卒後教育講師). Cosmed 2018 Avignon. Masterclass in Moscou、大阪と東京でのドミニク・ダヴェンヌ氏講演会(5回)
  • AFSSAPS (Agence Française de Sécurité Sanitaire des Produits de Santé、フランス健康製品安全衛生局)のインダストリアル・エキスパートを10年間勤める
  • French Society of Cosmetologist and French Society of Perfumers(フランス化粧品製造者-調香師協会)の活発なメンバー
  • 精油蒸留エキスパート(東チモールでのサンダルウッド精油製造に関する技術支援者)
  • FFJ (Flavor and Fragrance Journal) の査読者
  • 幾つかの本の著者の校正者

INFORMATION

協会名称 一般社団法人 サイエンティフィックアロマセラピー協会Japan Society for Scientific Aromatherapy
( JSSA )
事務所 〒164-0003 
東京都中野区東中野1-57-9-401
メール mail@jssa.jp.net
ウェブサイト https://jssa.jp.net/

top